読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近読了した本のことについて軽く書いてみる

AWS

言いたいこと

ちょっとはプログラマの端くれとして最近読んだ技術書的な本の書評をブログにしたためたいと思いつつ、無駄に書評をかっこつけて書きたくなってきていつも無駄に時間をかけて結局お蔵入りすることが多いので、お蔵入りしないように適当に本のリンクと一言紹介だけで終わらせようという記事をかくことで精神安定を図ろうとする記事です。

無駄に長い。

ちなみに読んだ本、流し身じゃなくてちゃんと手を動かしたり一通り読み通したものを対象にしてます。

読んだ本 1冊目

はじめよう!  要件定義 ~ビギナーからベテランまで

はじめよう! 要件定義 ~ビギナーからベテランまで

読んだ理由

  • 仕事で要件定義っぽいことをすることになったけど、今まで経験無かったから。
  • こちらに代表されるような書評を読んで、ちょうどいいレベルの書籍だと思ったので。

感想

  • 「要件定義初めてやるけどかなり不安」という私にピッタリな分量&内容でちょうどよかった。
  • 特に分量がこれだけコンパクトで読み通しやすいのに結構内容が含められているのがよかったですね。

ちょうどこの本の読者を対象にしたワークショップをたまたま発見したのでそこに参加してもう少し勘所をおさえて実戦に活かしたいところです。

読んだ本 2冊目

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築

読んだ理由

  • この書評読んで興味を持ったから。
  • AWSまともに使えない。
  • それ以前にネットワークとかサーバー構築でかなり基本的なところが抜けていると自覚していたので。

感想

  • 実際のネットワークの繋がり方をこれっぽっちも理解してないレベルだったので勉強にはなった。
  • ただ、AWSのことは大して理解が深まるわけではないのは当初の予想通り。
  • あくまで私みたいな初心者向け。AWSのことを深く知りたい場合は他の情報源を当たるしかないと思います。
  • とはいえ、「ネットワークのことを何も分かってない初心者がAWSを使ってどんなものなのかの触りを理解していく」ということは十分に達成できる書籍だと思うので、そういう場合には向いているかと。

穴が空きまくっている領域を少し埋めることが出来たので、次は『ハイパフォーマンスブラウザネットワーキング』とかを読んでおかないといけない気がする今日この頃。

ハイパフォーマンス ブラウザネットワーキング ―ネットワークアプリケーションのためのパフォーマンス最適化

ハイパフォーマンス ブラウザネットワーキング ―ネットワークアプリケーションのためのパフォーマンス最適化

ただ、実際のプロダクトとかWebサービス構築に繋がるように手を動かして作っていくことと上手くバランス取ってやらないと、いつまで経っても成長がないのでどんな風に進めようか悩んでいるのが最近です。