積ん読状態になっている技術書(電子書籍)を再び読み始める方策を考えてみた

電子書籍で買った技術書がPCの奥深くに眠っていて紙の書籍よりも全然読み進められていないことに気がついたのでどうにかしないといけないと思ったのが動機。

結論

以上。

こんな感じ

狙っていること

  • PCを立ち上げたら嫌でも積ん読状態になっている技術書が目に入るので「しょうがない、読むか」と思う機会を増やしている
  • 読んでいないままだとデスクトップが乱雑なままなので、デスクトップを綺麗にしたい人は嫌でも積ん読を解消せざるをえなくなってくる。

注意点

普段からデスクトップが乱雑な人には恐らく効かない。

まあ、とりあえずの施策である。