読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『Cocoa Programming For Mac OS X - Third Edition』 学習日記 その4

プログラミング Mac Cocoa Objective-C

前回に続き、今日も軽くCocoaプログラミングの学習を行ったので、学習メモを書こうと思います。

Cocoa® Programming for Mac® OS X

Cocoa® Programming for Mac® OS X

今日はp33〜p40の範囲(Chapter3内)で学んだことを書いていきます。Chapter3はObjective-Cの章なので、Objective-Cの特徴が内容の中心になります。

【新たに確認したこと】

  1. Objective-Cは、C言語Smalltalk式のクラスとメッセージを送る仕組み(message-sending mechanisms)を加えて拡張した言語であること。
  2. インスタンスの生成にはallocメソッド、初期化にはinitメソッドを使う(←誤解を招く表現だなぁ…)。
  3. オブジェクトのZeroを示すのは"nil"である。nullと比較すること。
  4. Objective-Cの場合、オブジェクトの値がnilであっても、メッセージを送るコードを書いてコンパイルしてもエラーが出ない。(←これも誤解を招く、というか間違った表現かも)

とくに4点目のポイントはCocoaプログラミングにおいて重要な点であり、この点があるから「他の言語に比べてかなり柔軟で動的なポリモーフィズムを可能にし、」「Interface Builderを使ったインターフェイス構築が可能になる」とこの本を以前勉強したときに読んだ気がしますね。もしかしたら下の本に書いてあったのかもしれませんけど。

たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]

たのしいCocoaプログラミング[Leopard対応版]

何にしろ、これからも学習を進めていきたいと思います。