読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ザ☆ネットスター!」2月号が放送されたので感想でも 【反省会 編】

今回の記事は「ザ☆ネットスター!」2月号の感想の続きです。今回取り上げるのは、ザ☆ネットスターの視聴者の間でも「こっちの方が本編」とネット上で言われている「反省会」になります。

ザ☆ネットスターという番組は、何故か(?)番組で語れなかったことを「反省会」という形をとってネット配信するという、TV番組にしては珍しい試みをしている番組です。しかも、その反省会の量・質ともに高いことで一部ファンの間では高い評価を得ています。私も、TV放送が終わった翌日には番組ホームページに行って、反省会をチェックして楽しむということをしています。

2月号の反省会のリンクを以下に貼っておきます。

2月号の反省会は「その5」までありますので、たっぷり楽しめますよ。反省会を見られる方は是非一度はねとすた☆あねっくすのページで見てください。そうした方が番組の存続に有利になるかと思いますので。

それではこれから「ザ☆ネットスター!」2月号の反省会の感想を書いていきたいと思います。
長くなると読みにくくなるので、軽く書いていくつもりです。

今反省会を見直しながらこの文章を書いているんですが、出演者の方も「こっから本編ですから」(by立川談笑さん)って言っているのが面白いですね。ネット上で「反省会が本編」と言われていることを出演者も知っているということでしょうか。

そして、今回初めて(?)反省会に顔出しをした柚木涼香さん。反省会時には誕生日が近かったらしく、和菓子のケーキが登場してきたのが印象的です。それにしても、「天の声」を担当している柚木さんって綺麗な方だと思います。東浩記さんと出ている「動物化してもいいですか」で初めて彼女のことを知りましたけど、「綺麗な人だなぁ」というのが第一印象でした。「動物化してもいいですか」を見続けていると、その性格と数々のエピソードに圧倒されますけどね(笑)

しかし、この反省会を見ていると、「ニコニコ動画に反省会がUPされているのが前提で離しているのがとても面白く感じます。「エアー白田」とネットであだ名がついていることを白田先生自身がネタにしている様子なんか、見てて(ある意味)痛々しさを感じますから←良い意味でも悪い意味でも。

しかしそんな白田先生ですが、基本的に真面目な方ということが反省会その2で明らかになりました。それまで全く知らなかったひぐらしに関する考察をわざわざ「反省会用に」用意してきて話しているところとか、その調べ方も「ただアニメを斜め見する」とかではなく、ひぐらしの資料集やマンガも活用した上で、学生にプレゼンして間違っているところをチェックするなんていう、手のかかることをしているところも含め、とても真面目だと思います。私は特にひぐらしのファンではないですが、「これぐらい労力をかけてもらって考察してもらえたのはファンにとっても嬉しいことなんじゃないかな」なんて感じました。ただ、その内容の濃さのため、本日初めて反省会に参加した柚木さんが置いてけぼりを食らっていた様です。

しかし、この反省会で「ガンパレード・マーチ」の名前を聞くのは意外でした。ガンパレード・マーチをやったことはないですけれど、元々面白いという話を聞いていたので、今回の話でさらに興味が湧いてきますね。今度、ゲーム屋に行って売ってたら買おうかな。

もの作りに関する話題をしていた反省会その4では、全体的に「へ〜」と思う話が満載でした。町工場の話だとか、ジーンズのオーダーメイドの話とか。私が知らないだけで、日本の様々なところに世界一の技術が活躍しているんでしょうね。AppleiPodの表面を磨いているのも日本の一町工場だそうですし。

しかし、本編では後ろの黒板に「自虐ネタは控える」的なことが書かれていたのに、反省会では全体的に自虐ネタ(?)が多い気がしますね。面白いですからOKですが。Youtubeニコニコ動画依存と言われていることにも自ら言及しているし、制作費がきついという話も遠慮なく出しているしで、本編以上にとどまるところを知らないフリーダムさを発揮する反省会です。ネットコンテンツとはいえ、よくNHKがこんな内容のコンテンツを配信できるものだと感心してしまいます。

言及が足りないところは多々ありますが、これくらいで「ザ☆ネットスター!」2月号の反省会の感想を終わりたいと思います。次回3月号は増刊号で、3月18日に放送するとのことですので、放送終了後にまた感想を書くつもりなのでよろしくお願いします。

それでは最後に…ザ☆ネットスター!」関係者の皆様、来年度以降も頑張ってくださいね!

追記:明日(2月11日)の17時20分からBS2で本編の再放送があるそうです。見逃した方はこの機会を利用して是非!