読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PyCon JP 2016に参加してきました

イベント Python

表題の通り、PyCon JP 2016に参加してきました。昨年も参加したので何となく記事を見直しながら書いてます。

takuan-osho.hatenablog.com

来年のPyCon JPも楽しく参加したいですね!

昨年の感想で最後にこう書いているように、楽しく参加できました。

思えばPyCon mini JPの様子をUstreamから眺めていて興味を持ち始め、PyCon JP 2012の頃から実際に現地に参加するようになってから随分時間が経っているなあと実感します。

PyCon JP 2012の頃から数えるとPyCon JPへの参加は5回目ということになりますが、それだけ参加経験を積んでくると自分なりの参加スタイルをある程度確立できたようで、「無闇に全ての時間帯の発表を聞きに行って体力を消耗して後日体力的に死亡する」といった事態にならないようオープンスペースで休憩したり、久し振りに会う人と色んな話をしたり、無理せず楽しんで有意義な時間を過ごせたように思います。…と言いつつ、これを書いている2016/09/24(日)現在、疲れが出てグッタリしているわけですが!

参加したもの

モチベーションと体力があればスライド含めた各種リンクと感想を個別に書くのがいいとは分かりつつ、そうやろうとしていつも途中で頓挫して、結局参加記事を書かずに終わると言うことを何回も繰り返しているので、"Done is better than perfect"を言い訳にして参加したものだけ書き残しておきます。

リンク張り作業とか結構面倒なんですよね…

まあ、メディアスポンサーに名を連ねているTogetterさんが公式で以下のようなまとめを出していて、基本的にスライド・動画へのリンクをつけているのでそこ見ればいいと思います。

資料も反響もすべてチェック! 秋雨に濡れた早稲田大学西早稲田キャンパス #PyConJP 2016 まとめまとめ

1日目

  • Keynote by Jessica McKellar
  • Python入門コードリーディング (ビギナーセッション)
  • 基礎から学ぶ Webアプリケーションフレームワークの作り方
  • ISUCON大反省会 (オープンスペース)
  • LT & Closing

2日目

  • Keynote by Andrey Vlasovskikh
  • You Might Not Want Async

2日目は体力無くて休んでる時が多かったのでこれくらいです。あと、1日目はフルに参加できたのですが、2日目は空手の昇級審査 & 稽古があって途中17時くらいに一旦帰らざるを得なくてフル参加できなかったので、そこだけが残念でした。

実は今回のPyCon JP 2016のチュートリアルの中にあったSphinxチュートリアルにチューターとしても参加していたのですが、それについては別エントリでまとめようかなと思います。

全体的な感想

参加者としてとても過ごしやすいカンファレンスだったと思います。疲れて休みたくなったら食堂やオープンスペースなどで座れる場所がだいたい確保できましたし、オープンスペースで色々参加者の人が開きたい議論をしていたのに参加して楽しめましたし、ただ「発表を聞いて終わり」というだけではない楽しみ方をすることがしやすい環境だったと思います。

それを実現するには座長はじめをとした運営スタッフの皆様のご尽力があったからだと思います。ありがとうございました。

あと、個人的に驚いたのは早稲田大学の協力によって会場が無料で提供されていたというところですね。普通ならあれくらいの会場を借りるにはたくさんのお金がかかるはずなので。その分参加者側に還元されているはずだと考えるととてもありがたいことです。

2日間のカンファレンスに参加し終わった後少し後悔したのは、スポンサー企業さんのブースを回っておけばよかったなあということです。荷物が重くて余り歩き回りたくないなというのと、結構体力を消耗していて人と会話する気力が出てこなかったという理由はあるのですが、せっかくネット越しではなく現地に参加しているのだから、普段話すことのできない人と話せるチャンスだと考えると、もったいないことをしたなと思いました。

多分来年も参加すると思います。

2日目のLT & Closingには参加できなくて悲しかったので、Closingの部分は後でザッと該当部分の録画を見ましたが、PyCon JP 2017から新しい座長になるというところも驚きました。

PyCon JP 2017の座長は吉田さんということで、まだカンファレンスの詳細は決まっていないみたいですが、来年の開催を楽しみにしています。

あと、個人的な私信みたいになってしまいますが、たかのりさん、座長お疲れさまでした!

セルフホスティングに手を出してみた

雑文 IT

種々様々な理由により、前からセルフホスティングとかその辺りに興味があった。

けど、何度か手作業で管理してみて運用に破綻して、たいしたデータではないから作り直しとかをしていていたりしていた。

そういうこともあり、OSS版herokuみたいな仕組みがないかどうかgithubのtrendingを見ながら何となく探したりしていて、最近Hacker Newsを見ていたらCloudronというものを見つけたので試してみることに。

公式のCLIがnode v6.5では動かなかったり、自分のPCのOpenSSLのバージョンが意図せず古いものを使っていたりで色々はまったけど、今はAWS上に一つ自分用のサイトを構築することには成功。

Cloudronを使うとghostMattermostとかTaigaといったアプリを簡単に複数構築できるようになるので、中々素性が良さそうだなというのが第一印象。

しばらく色々試してみたい。

El Capitanをクリーンインストールして入れ直してみた

雑文 IT Mac

ここ最近自分のPCが調子が悪くてしょっちゅう動かなくなり、強制的に再起動せざるを得ない状態が続いていて不便だったので、OSをクリーンインストールしてみたらとりあえず状態がましになって動くようになってよかったという話。

クリーンインストールを検討する前に何で動作がおかしくなってるのかアクティビティモニタと睨めっこしてましたが、原因が特定出来なかったのでやむなくこうした次第。

ただ、SSDの残り容量が3GBとかなりキツキツだったので、これが根本的な原因じゃないかなと思います。

バックアップを取った後、クリーンインストールをしてからデータ移行アシスタントを使いデータを戻してみたところ、特に何か減らしたわけでもないのに空き容量が3GB → 40GBになった。

37GB分もキャッシュが残ったりすることなんてあるのだろうかと思いつつ、とりあえずPCがまともに動くようになったので人権を取り戻せましたね。

人権を取り戻せたのでそろそろブログ更新も復活させたいなと思いました。

以前から取り組んでいたSphinxのEPUB 3 ビルダー追加のプルリクエストがマージされ、v1.4から使えるようになりました

Sphinx プログラミング Python

三行まとめ

  • 以前からやっていた「SphinxEPUB 3 ビルダーを追加する」プルリクエストがmasterブランチにマージされ、バージョン1.4からその機能が使えるようになりました。
  • EPUB3形式のepubが出力できると書きましたが、様々な理由により、validなepub3は現状出力できません。
  • 意外と貢献できるところがあるかもしれないので、(Sphinxに限らず)みんな有名OSSにプルリクしてみるといいのでは?と思いました。

経緯

最近はあまり時間が取れていなくて動向を追えてないですが、割と電子書籍界隈に前から興味があって、その繋がりでEPUB 3についても独学でちょこちょこ勉強していたという背景があります。

そして、私がWeb系ITエンジニア向けの勉強会とかに顔を出すようになったきっかけであるSphinxというドキュメンテーションツールEPUBの出力機能があるのですが、これがEPUB 2相当のEPUBしか出力できない状態で、誰もEPUB 3を出力できるようにしてなさそうだったので、取り組み始めたという流れではじめた(と思います)。

時期に関しては忘れましたが、このブログを検索してみた限り、2014年以前から取り組んではいたようです

takuan-osho.hatenablog.com

色々EPUB 3の仕様を調べながらやっていましたが、モチベーションが続かなかったり、力不足で色々解決できないなあと思っていたところが多くて、手を付け始めてから実際に取り込まれるまでこれだけ時間がかかってしまったなというところです。

プルリクエストの内容はこれですね。

github.com

できるようになったことと今後の課題

EPUB 3形式のファイルを出力できるようになりました。やり方書こうと思ったんですが、それ書こうとしていて2週間くらい記事のアップが遅れているので、今回は省略します。(また別途書くかも)

epub3 って名前のビルダーを追加してそれを使うので、自動生成されたMakefileをそのまま使っているなら make epub3 で生成できるかと思います。多分。

ただ、最初にも書いたように、以下のような理由があり、epubcheckによる検査を通るvalidな形式のepub3ファイルは現状生成できません。

  • Sphinxが依存しているdocutilsがHTML5形式のHTMLを生成できない
  • EPUB 3で変わった部分の(初期)実装は現状私一人が手がけたため、私のEPUB 3の理解が疎かだったりする部分やそもそも実装が追いついていない部分がある

ビルダーのドキュメントにも書いたのですが、このEPUB 3 ビルダーは現状experimentalなので、使用するならそのことを理解した上で使用するといいと思います。

感想

Sphinxのcontributorとして名前が載ったの、割とうれしいですね。

2016年2月まとめ

月報 雑文

はじめに

新年になって少しは新しく切り替えられたかなと思った矢先、早速2月まとめが3月に入ってしまって大変よろしくないと思いつつ、書いています。

takuan-osho.hatenablog.com

前回でも書いたように、週報まとめをしているので、昨年とは違ってまとめを書き始めてからの作業時間は少なくなって精神的には楽になっているはず。

やったこと

後なんかやっていたような気がするけど、日報に残ってないのでこれくらいで。

所感

1月は調子よく進んでいて気持ちがよかったけれど、いいことなのか悪いことなのか、2月は昨年のいつもの調子になっていて、それほど調子がいいというわけではなかったので、定期的に自身の行動を振り返ってレビューすることは大切なんだろう

これから

運動や週報・日報は習慣化できたので、バランスを取ってこれからは整理系のタスクの割合も増やしていった方がいいのかなという気持ちになりました。

映画『オデッセイ』を見に行った

映画 SF

タイトル通りですが、映画『オデッセイ』を見に行きました。


映画『オデッセイ 』予告編

原作は『火星の人』(原題: The Martian)ですね。

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(下) (ハヤカワ文庫SF)

感想エントリとか書き慣れてないので小学生並みの感想しか書けないのが悲しいところですが、面白かったのでオススメです。

そもそもこの作品を知ったきっかけはエンジニア向けpodcastRebuild.fmで原作が紹介されていたことでした。

rebuild.fm

だいたい10:18辺りから原作『火星の人』の話が始まるので、気になる人は聞いてみてから映画を見に行くかどうか決めるといいかも。ただ、途中でインターステラーのネタバレがあるので注意。

その後何回かrebuild.fm内で言及されていて、映画が公開されてから色んな人が言及しているのをネットで見たので気になってみたところ、やはり面白かったので収穫でした。

ただ、原作既読者によると原作はもっと面白い(というか描写がある)らしいので、原作を読んでみようかなという気になってます。

映画内でも冗長になるのを防ぐためか、ダイジェストみたいにすっ飛ばしているところが2箇所ほどあって、多分そういうところも原作は描写してるんだろうなと思うと楽しみですね。

原作を積ん読リストに追加しておきたい気分にさせられました。