『Goならわかるシステムプログラミング』を勉強し始めました

表題の通りです。

Goならわかるシステムプログラミング

Goならわかるシステムプログラミング

以前から多少golangは触っていたのでほんの少しは分かるけど、インターフェースの扱いを含めて本格的な使用に耐えるほどの知識と運用能力は無かったことに加え、私自身がOSなど低レイヤーの知識が仕事上必要なのに不足していたのでどこかで勉強しなくてはいけないと感じていたことが重なったので、時間を見つけて少しずつ写経したり問題を解いたりしています。

今のところ大半が写経なのですが、どうせやるならgithub上にコードを残していつでも参照できるようにしたかったので、練習用リポジトリを作って学習の成果を残すようにしました。

github.com

まだ第3章の最後にある問題も解いていないという状況ですが、これまでと同じく時間を見つけながらボチボチ勉強していきたいと思います。

ただ、前回の記事で触れた「SQLの知識不足」の方がクリティカルなので、そちらを基本的に優先していくつもりです。

takuan-osho.hatenablog.com

まあ、何とかやっていきます。

はてなブログProにしてみた

気の迷いではてなブログProにしてしまった。

一応体験目的の無料期間が一ヶ月あるのでまだお金はかかってないけれど、それから後はお金がかかるので、これをいい機会にしてブログ更新を昨年よりも頻繁にしていきたいと思う。

せっかくProにしたので、さっそく広告を外した。きれいになってスッキリ!

だけど、そのうち「AmazonアソシエイトやGoogle Adwardsで一攫千金!」みたいな流れに下手に感化されて広告貼りつける道に堕ちることも十分にあるので、堕ちるなら堕ちるで邪悪な堕ち方はしないようにしたい。

それとデザインも自分で自由に設定できることと、今年はデザインの勉強もしているのを活かして、少しブログのデザインを改良していきたい気もしている。

はてなブログ Pro、しばらく有用かどうか体験してみる予定。

SQLが分からないので勉強し直し始めました

タイトルそのままなのですが、プログラミングをやり始めてもうすでに結構時間が経っているのにSQLがまともに書けないという欠点を抱えているので、これを機会に勉強し直し始めました。

改訂第3版 すらすらと手が動くようになる SQL書き方ドリル (WEB+DB PRESS plus)

改訂第3版 すらすらと手が動くようになる SQL書き方ドリル (WEB+DB PRESS plus)

詳細はこの本を読み終えた後、別途記事としてまとめようと思いますが、この本がいいというふうに聞いたので、この本に書かれたことを一つずつやり始めています。

正直な話三日坊主で終わる可能性もなきにしもあらずですが、とりあえずやりはじめた数日間ぐらいはまともに取り組んでみようと思います。

今年はこういう感じで、今まで宣言していたけれどやり終えていない学習だったり読書だったりを最後までやって記事にしてまとめるということを重視して生活していきたいです。

Sphinx + 翻訳 Hack-a-thon 開発合宿に参加してきました #sphinxjp

表題の通りで、Sphinxの開発合宿に参加してきました。

sphinxjp.connpass.com

2年ほど前にはSphinxにプルリクエストを送ってマージされたりするくらいは活動していたのですが、ここ最近は全く活動しておらず、新年が明けてちょうど切り替えのいい機会なので、仕事が始まる1/9より前の1/7, 8に開かれる開発合宿に参加してきました。

場所は国立女性教育会館。私を含めて7名が1泊して色々作業しました。

www.nwec.jp

やった内容としては1人によってそれぞれ違っていて、ある人はSphinxに積み重ねられたissueのトリアージをしたり、issueを解決するプルリクエストを作って送ったり、またメンテナ陣を含めてSphinxの将来の姿(何をするのか・何をしないのかなど)について議論をする人もいました。

私がやった事は基本的にissueのトリアージで、メンテナの人たちが普段忙しくて手をつけられていないissueを見て、報告されているエラーが再現できなくて手が止まっているものなどを改めて自分で環境を構築して問題が再現したいかどうか確認するといったことなどをしていました。

取り組んだissueは具体的にはこれらです。

大学時代の友人とはこういった泊まりでどこかに出かけたりするなどのことをしたことがあるのですが、大学を卒業して以降知り合った人と泊まりを含めた合宿的な事は全くしたことがなかったので、いろいろな意味でうまく他者とやっていけるのかどうか少し心配もしていましたが、何とか無事に過ごせましたし、個人的にはかなり実りのある時間を過ごせたので参加してよかったと思いました。

こちら、合宿の様子です。写真が付いてて分かりやすいツイートや自分で撮った写真をまとめておきます。

Untitled

武蔵嵐山駅から歩いて国立女性教育会館に向かう時に見つけた看板を何となく撮影しました。

以下3枚の写真は、団体名が「#sphinxjp」となっているのが面白かったので撮影しました。オーケストラやバドミントン協会の中に混じって#sphinxjpの文字が躍っているのがシュールですね。

Untitled

Untitled

Untitled

実際に作業した場所は以下の研修室です。

Untitled

時折、メンテナの小宮さんが普段開発をしていく中で得てきた知見やSphinxの闇などを共有する時間などもありました。

Untitled

以下、参加者が投稿したツイート。

感想

楽しかったのと、自分でもissueのトリアージで多少貢献できることが分かったので、時間を見つけてこれからもちょくちょく貢献していきたいですね。

2018年の抱負

去年も抱負を書いたのと、はてなブログ今週のお題だそうなので、今年2018年の抱負も書こうと思います。

takuan-osho.hatenablog.com

去年の抱負と同じく、以下の制約を課して考えました。

  • 1年間で達成しようという目標は多くても「3つ」に絞る

2018年の抱負

IT系技能関連の目標

[UI|UX|Web]デザインを勉強して、自分でプロトタイプを作れるようにする

実はもう既に始めているのですが、自分でWebアプリを作ろうと思って最近作業をしていて、その一環で、まず自分だけでまともなプロトタイプやワイヤーフレームを作れるようになった方がいいと思い、最近UIデザイン、UXデザインやWebデザインを勉強しています。

今までAdobe Creative Cloudに加入していたのに全く活用してなかったので、無駄金を払うくらいならそういうことに使おうと思ったのも大きいです。

取りかかりとして、今はAdobe XDを使って以下のUdemyの講座を受講して勉強しています。

www.udemy.com

計測可能な目標としては以下のようなことを考えていて、どれか一つでも年内にできれば達成と見なしていいかなと思ってます。

  • 参考となるWebサイトを選び、そのWebデザインをAdobe XDなどで模写する
  • 自作のアプリのプロトタイプをAdobe XDなどで作成する
  • カスタマージャーニーマップなど、UXデザインをする際に行う一連の流れを自分で一通り体験する
  • 自分自身のポートフォリオサイトを立ち上げる*1

ITはあまり関係ない目標

1年で12冊は本を読み、感想ブログを書く

ここ最近感じるようになったのですが、「技術書以外の本を読まない」という状態が続いていて、学生時代の頃と比べるとつまらない人間になりつつあるなーと思ってきているので、それを修正する目標です。

読みっぱなしにして身につかないということを最低限防ぐため、感想をブログ記事にしてアウトプットするということにしました。

1年で12冊というのは要するに1ヶ月1冊なら何とか可能だろうという目算ではじき出しました。ただ、1ヶ月1冊だと達成できなくなる可能性があるので1年単位にしています。

今月は早速以下の記事で達成できました。

takuan-osho.hatenablog.com

出来る限り技術書以外(小説やビジネス書など)でやろうと思っていますが、できなさそうなら今まで読んできた技術書の中でブログにしていないものを扱ってもいいという風にしてやります。

(骨盤が後傾せずに)開脚ができるくらいの柔軟性を得る

昨年の目標の「(180度の)開脚をできるくらいの柔軟性を得る」の延長戦の扱いの目標です。

2017年の振り返りでも書いたように、昨年は180度開脚を目指して柔軟していたら左脚内部の筋を痛めてしまったので、そういうことにならないように目標をほどほどにしておきました。

正直な話、1年以内に達成できるか微妙な目標ですが、最近柔軟もサボり気味になっているので、ここら辺でてこ入れしようかと思い、入れています。

まとめ

最初のデザインの目標はいい塩梅にハードルが高めなので頑張ります。

*1:これは労力かかって無理かなとは思いますが。

『SINGLE TASK 一点集中術』を読み終えた

takuan-osho.hatenablog.com

『やり抜く力 GRIT』を読んだ後、「一つのことに集中する方法論が知りたい」と思っていたところ、本屋で見つけたので読んでみました。

SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

SINGLE TASK 一点集中術――「シングルタスクの原則」ですべての成果が最大になる

例によって例のごとく、これも期待に応えられるほどの内容ではなかったですが、最近の自分の集中力の欠如を意識するにはいい薬だったかと思います。

雑念が入りにくい環境下で今日の12時頃から1.5時間くらいでバーッと読みました。一応シングルタスクを標榜している書籍なので、それに習って読書も集中してやるようにしました。

この書籍を一言で要約すると「マルチタスクは効率が下がるので、効率をよくしたかったらシングルタスクで作業せよ」というものでした。

この主張自体は人によっては至って当たり前で何の新鮮味もない*1ですが、これくらいシンプルな法則は日々の生活で実践していくのが難しいと相場が決まっているものです。

この本の著者もその辺りは分かっているようで、SNSを含め情報に溢れた現代でマルチタスクをせずにシングルタスクで作業していくことの難しさに対処していくか、そんなことも含めて書かれていました。一番最初に「集中を削ぐものから離れる」という趣旨の項目が書かれていることからもそれが伺えます。

GTDを日々実践できている人にはもう既にやっていることばかりなので「何を当たり前な」と思うことばかりですが、私みたいに何回もGTDをやって途中で挫折している人間にとっては「これくらいやることを絞ってくれるならできそうかも」と思える分量だと思います。

本もそれほど厚くなく、数時間で読み切れる分量だと思うので、気になる方は本屋で手に取って読んでみるといいかと。

自分用のメモに残していた文言を適当に書き散らして終わりにします。

p72

シングルタスクとは、単なる行為を指すわけではない。自制心を発達させることでもある。

p76

シンプルに考えたいのなら、一日のあいだに「ひとりでじっくりと考え事をする時間」を決めるのがいい。

p188

いま自分にとっていちばん大切なことはなにかを考え、それに誠実に取り組もう。

*1:私もそうです

2018年の初日の出を見に行きました

ここ数年、初日の出を見に行っているのですが、今年も見に行きました。

初日の出前の光景。

日が出る前の様子。

出てきてる

初日の出を堪能してます。

こちらの方が初日の出を綺麗に撮れてますかね

段々日が出てきた様子。最初の2枚はiPhoneのカメラを拡大したので画質が荒くなっていますが、最後の一枚は拡大せずに撮っているので、それなりに綺麗かと。

年も明けたので、計画立てて一年を意義深く過ごしたいなあと思ってます。